契約書を理解して金を借りる

金の貸し借りの契約自体は契約書がなくても成立します。
貸し主と借り主のと間に合意があって、現実の金銭の受け渡しがあればいいのです。
契約書は誰が誰に対して、どのような義務を負うかを明らかにして、後日の証明となる書面に過ぎません。
そして契約書は細かな文字でびっしりと書かれていて読みがたいものです。
それでも、契約書を理解して金を借りるということは大切です。
読まないでいるととんでもないミスをおかすことになるかもしれません。
最低でも、金を借りることになったら、借入金額、借り入れ期間、返済期日、返済条件、利率、遅延損害の利率、毎月の返済額は押さえておかなくてはいけません。
他に何か気になることがあればこちらのサイトでご確認ください。
何か役に立つことがあると思いますよ。

http://www.onedayasalion.org/
急にお金を借りたい人におススメ!

http://hitorioyakata.or.jp/
↑建設業で働く方のための労災保険をご案内

http://www.aquadelrey.com/
↑日本人スタッフもいるから安心ですよ。

http://www.tomo-bs.com/
↑待ち時間も少なくておススメです!

http://www.lifecarejp.com/
↑リハビリライフをサポートします!

最新記事

  • 銀行や消費者金融から借金をする場合には、必ず利息が付きます。
    そしてこの利息が非常に大きな問題なのです …

    詳細はコチラから!

  • テレビではソフトなイメージで消費者金融が盛んに宣伝をしています。
    その宣伝だけではにこやかないいイメー …

    詳細はコチラから!

  • 銀行であれ消費者金融であれ利息どころか元本の回収もできないような相手に貸し付けると商売にはなりません …

    詳細はコチラから!